学び方や稽古事の概括

早めに自分のライバルを引き離す勉強に

年少者のお稽古の中で人気なのは体を動かす活動でしょう。

 

この時期に基礎運動能力が養われますから、子どもの発育を促してくれるでしょう。

 

更に、多様な世代の人間と繋がることによって意思疎通能力についても高まるでしょう。

 

小学下学年および高学年では、それぞれの学び方がはっきり違います。

 

下学年の時期は基礎勉強の習慣を身につける事こそ第一です。

 

ところが5・6年生になってからは受験の対策、そうでなければ中学校に進む準備に移りますから、学び方としては、早めに自分のライバルを引き離す勉強に移行するのが望ましいです。

 

児童の発育過程においては、フィジカル及び情緒を並行して育んでいきましょう。

 

バランスよく成長する事がさらに壮健な状態をもたらし、勉強に対しても能動的に取り組めるような小児になります。